Toggle

活動報告

川島国と語る会が開催されました。

川島国と語る会が開催されました。

川島国と語る会を福岡駅社内で開催いたしました。

DSC_4156

約1年間の活動報告と、直近で取り組んでいる活動を報告いたしました。

DSC_4147

ここ最近の高岡市としましては、

  • 新幹線の問題
  • ごみ収集ルールの変更に関する問題
  • 福岡町と合併して10周年を迎えるにあたりこの先の展望
  • 五位山地区など山間地の空き家問題

などの問題を抱えています。

DSC_4171

たくさんの方か質問や叱咤激励を頂きました。

DSC_4186

まだまだ私も、今以上に市民の皆様のため、福岡町の皆様のために頑張ることがたくさんあるなと感じさせていただきました。

新幹線について

わたしは新幹線に関しては、様々な立場で携わってきました。
結果として【かがやき】という、最も早く到着する便が高岡駅への停車が0という高岡市にとって、呉西地区にとって大変厳しい回答がJRより発表されました。
永遠に0ということではないのでしょうが、この0を1にしていくにはJRが、止めなければいけないと感じる【何か】が必要になってきます。
やはり、高岡市、呉西地区の魅力を向上させていき、JRにとって大きなメリットがあると感じてもらうことが必要です。
わたしは、

高岡市のみならず、呉西地区、もっと大きな範囲で飛越能地区として、高岡市が中心となった大きな観光都市となる必要があると考えています。
この語る会に参加していた方と、のちにお話しさせていただいたときに出たお話ですが、たとえば、高岡にある瑞龍寺、高岡市伏木にある勝興寺、そして瑞泉寺と、呉西エリアには国の重要文化財クラスの仏閣があるわけですが、この3つのお寺を1泊2日で回るとしたらどうまわる?新幹線で来たとして、車をその時点で手には無い観光客がどうまわる?そういう問題があります。
私たちは簡単にそんなのは氷見線や城端線、バスを乗り継いでいけば行ける。
と言いますが、新幹線の新高岡駅から氷見線の高岡駅までどうやって?タクシー?
そう考えると、何度も何度も乗り換えたり、乗り継いだりしなければいけないこと、待ち時間などをつぶせるような店が近辺にもないことなど様々な細かい問題があり、1泊2日の行程で3か所を回るのはかなり至難の業です。
結局は同じようなことがあらゆるものや場所で起きているのです。
この状態でかがやきだけが停車しても降りてくれる方がいるのでしょうか。
わたしは、何年かかっても、魅力的なまちたかおかを創造するために今以上に努力しようと感じました。

山間地区の空き家問題

五位山地区など、山間地の集落の空き家が目立ってきた。
福岡町の住民の声です。
実は先般からいろいろな地方で、よろず相談処を開催させていただき、山間地では誰しもが嘆いていたことでした。
わたしは今春から、空き家を低価格で貸し出すという案内を積極的にさせていただいております。
それは、その家がだれも住んでいない状態、風通しも悪い状態になると、家というものはすぐに朽ちてしまいます。
また、空き家は犯罪の温床にもなり、火事などの事故にもつながりやすい。
それであれば、安くても誰かが住んでくれている状態の方が防犯上もよろしいだろうということを住民の皆様からは良く聞かせてもらえるからです。
その考えも徐々に浸透し、何組かの家族が移住してきてくれたりしています。
また、若い経済人が、むしろ、山間地の田舎という特徴を活かし、中期滞在旅行者などに向け農業体験旅行など企画できるのではないかなどのアイディアも出てきました。
ビジネスとしてのある程度の成功と、田舎のいいところの再発見、農業体験による、農業就労者の増加へとつながるのではないかと期待しております。

DSC_4160


Comments

comments

Return Top